NF-JLEP Association
プログラム

日本語教育基金(The Nippon Foundation Fund for Japanese Language Education、略称NF-JLEP)は、海外における日本語の普及、日本語教育の推進を目的としたグローバルなプログラムで、1994年に設立され、日本財団より、6ヵ国8大学に各150万米ドルの基金が寄贈されました。NF-JLEPでは、基金を共有する大学を含めた11大学において、日本語を学ぶ学生への奨学金給付や外国語として日本語を教える教師の養成やスキルアップ、日本語の教材開発など、各地域で求められる日本語教育推進のための支援を行っています。現在までに、1,600名を超える学生や日本語教師(NF-JLEPフェロー)が誕生し、その多くが各国の日本語教育の発展に貢献しています。

NF-JLEPの設立から20余年を迎えた2017年、NF-JLEPフェロー、11の大学のNF-JLEP運営委員、NF-JLEP基金の寄贈者である日本財団、そしてNF-JLEPの運営担当の東京財団政策研究所をメンバーとして、NF-JLEP Associationが発足されました。NF-JLEP Associationでは、メンバーのみなさんが、これまで以上に日本への関心や理解を深め、国を越えたネットワーク作りを進めていく活動に力をいれていきます。現在は、フェロー対象に、訪日研究の機会を提供するサポートプログラムを実施しています。メンバーの皆さんが積極的に参加することによって、日本語教育におけるNF-JLEP Associationの価値を高めていくことを期待しています。

NF-JLEP Associationプログラムの運営図

笹川陽平 NF-JLEP Association 会長メッセージ

日本語教育基金(NF-JLEP)プログラムの設立から20年あまり、フェロー数も1,600名を超えるまでになった今年、NF-JLEPフェローや、基金が設置されている大学の運営委員の皆さまをメンバーに迎え、NF-JLEP Associationを立ち上げることにいたしました。

皆さまが日本語に興味を持ったきっかけは、一人ひとり異なると思いますが、皆さまが日本語、そして、日本に関心を持ってくださったことは大変喜ばしいことです。
日本には、人々の生活に根付いた民俗芸能や食文化、高い技術力に支えられた産業、さらにはアニメやマンガ、映画などのポップカルチャーといった多様で豊かな文化があります。皆さまはすでに、こうした日本の魅力に触れ、私たち日本人が知らなかった日本の姿を発見されているかもしれません。

今後、NF-JLEP Associationでは、皆さまに、日本とのつながりを深め、広げていただけるような企画を考えていく予定です。皆さまと一緒に元気なAssociationを作っていくことを楽しみにしています。

会長写真

2017年 8月
NF-JLEP Association

会長  笹川 陽平

アクセス


NF-JLEP Association事務局

〒106-6234
東京都港区六本木三丁目二番一号 六本木グランドタワー34階
公益財団法人 東京財団政策研究所内

東京メトロ南北線 
六本木一丁目駅西口改札直結
東京メトロ日比谷線・都営地下鉄大江戸線
六本木駅5番出口より徒歩5分
東京メトロ銀座線・南北線 
溜池山王駅13番出口より徒歩8分
東京メトロ日比谷線 
神谷町駅2番出口より徒歩10分

連絡先

NF-JLEP Associationについてのお問い合わせ

  •  Phone  +81-(0)3-5797-8402 
  •  FAX  +81-(0)3-5570-6032 

NF-JLEP Association事務局紹介

  • 笹川陽平 会長
  • 小田早苗 常務理事
  • 鈴木真理 ディレクター
  • 鏑木洋子 ディレクター
  • 荒井結美 プログラム・オフィサー
  • 小山田彩 プログラム・オフィサー
  • 菅井敬太 プログラム・オフィサー
  • 張玥 プログラム・オフィサー
  • 山田知子 プログラム・オフィサー